970パナメーラ、2度目のタイヤ交換!【PIRELLI P ZEROレビュー】

パナメーラ

こんにちは、くろねこです。

以前パンクしてして大変な目にあった我が家の970パナメーラ。

路上でのパンク修理は応急処置となり高速走行など

大きく負荷が掛かる走りをすると再パンクのリスクがある。

このままではどこにも行けないので急遽4本新品タイヤへ交換となった。

 

幸いにも購入店独自のパンク保証なるものがあり、保証会社からも

保険金がおりると承認を頂いたので早速新タイヤを発注。

 

金額次第だが他タイヤでも可との折角柔軟な対応を頂いたので

納車時から履いているミシュラン・パイロットスポーツ4Sから

別銘柄へ乗り換えて違うタイヤを試して楽しむことにした。

今まで履いていたタイヤについて

そもそも我が家の970パナメーラはオプションの

ターボⅡホイールを履いているので前後20インチとなる。

タイヤサイズは

フロント255/40/20

リア295/35/20

と駆動輪であるリアが相当太くなっている。

国内メーカーのタイヤで上記のサイズが前後で揃っているメーカーはほぼ無く

選択肢としてはミシュラン・ピレリ・コンチネンタルの3社となる。

この車を買った当時はミシュランのパイロットスーパースポーツ

というかなりスポーツ寄りのタイヤが履かされていた。

しかしヒビ割れや製造年数から年月が経っているなど劣化が目立った為

同社のパイロットスポーツ4Sに納車時に履き替えてもらっていた。

パイロットスポーツ4Sも周りの評判はかなり良く

実際に使ってみていい面も多かったので

正直リピートしたかったが比較にならないので

そうゆう意味で今回はPIRELLIP ZEROを選んでみた。

なので今回はパイロットスポーツ4Sとの比較もしていこうと思う。

ちなみに以前乗っていたVW・アルテオンも新車装着タイヤが

こちらのタイヤだったので実質2回目となる。

2セット目のタイヤはPIRELLI P ZERO(N1認証)

改めて今回履いたタイヤがこちら。

PIRELLI P ZERO(前後共にN1認証)

タイヤ最後に付いている”N1”というのはポルシェ認証の意味である。

ポルシェセンターのサービスの方からニュルブルクリンクの”N”から

引用していると聞いたことがある。

以前履いていたパイロットスポーツ4Sは

前輪のサイズ255/40/20のサイズでN認証タイヤの

ラインナップが無く後輪のみN認証タイヤを履いていた。

今回のP ZEROはどちらもN認証タイヤとなった。

 

まずパイロットスポーツ4Sとの比較で

最初に感じたのはこの2点。

・ロードノイズの少なさ

・転がり抵抗の少なさ

 

これらが非常に分かりやすい特徴として感じられた。

他の部分に関しても不満は無く日常の速度域では何の問題も無い。

タイヤ表面のブロックパターンを比較してみると

P ZEROの方がパイロットスポーツ4Sと比較してブロックが

細かく刻まれている。

 

この辺りの構造の違いが効いているのかもしれない。

妻が乗っても「タイヤ変えて静かになったね」

わかる位なのでやはり明確な差はあった。

ただ、転がり抵抗の少なさというのはメリットであり

同時にデメリットでもあると感じた。

多少P ZEROの方がコンフォート寄りなのか

接地感やコーナーの食いつきはパイロットスポーツ4Sの方が

良かったと感じられた。

慣れだとは思うが高速走行時にハンドルが軽く感じられる。

高速走行では個人的に操作感は重い方が好みなので

ここはパイロットスポーツ4Sの方に軍配が上がる。

項目ごとに表にまとめると以下のように感じた。

ミシュラン・パイロットスポーツ4Sピレリ・P ZERO
グリップ力
評判どおりの凄まじいグリップPS4Sほどでは無いがグリップ不足は感じない
直進安定性
ずっしりとした操作感を与えてくれる接地感が少し薄いが慣れれば問題ない
転がり抵抗
グリップ力と引き換えに抵抗は感じる非常によく転がっているのが分かる
価格
この性能であれば多少高くでもOK3社の中では一番安く手に入った
ライフ
このグリップ力にしてはかなり長寿命不明
ロードノイズ
車内に意外とノイズが入る高速走行でもかなり静かと感じられる

どちらがおススメか?

どちらも特徴が分かりやすいタイヤだったので

求める性能によって選ぶとといいと思う。

 

ロードノイズや転がり抵抗などのコンフォート性能より

スポーツ性を求め、気持ちよく走りたい人には

ミシュラン・パイロットスポーツ4S

 

スポーツ性より快適にロングドライブがしたい

ロードノイズが気になるという人には

ピレリ・P ZERO

この上記2つのタイヤであればこの選び方をすると思う。

コンチネンタルのスポーツコンタクトも履いてみたかったが

3社の中では一番高いタイヤだったので今回は選ばなかった。

今回のタイヤが使いきれたらこちらも選んでみたいところ。

まとめ

どちらも日常使いでは全く不満がないいいタイヤである。

パンクで非常に大変な目に逢ったが、貴重な経験だったり

違うタイヤを2度味わえたという点でプラスに考えていこうと思う。

 

タイヤパターンなどのデザインもカッコよく

コーナーを少し攻めた時のしっかりと地面を捉えている感じは

パイロットスポーツ4Sの方が非常に好みだったが

最近はマイホーム計画で高速移動も多いのでP ZEROの方が

少し嬉しい面もあり、複雑な気分だ。

 

970パナメーラのタイヤ選びの参考になれば幸いです。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました